親しい仲間内で開ける家族葬の魅力が満載!

突然訪れる葬儀では

葬儀について知る

蝋燭

身近な人との別れは突然訪れるものですが、葬儀についてはなかなか知る機会はありません。
その時になって慌てないためにも、知識を得ておくことは必要なことです。
柏原で葬儀を考えている人の中で、家族葬を行いたいと思っている人も多いでしょう。
家族葬とは、最近注目されている形式で、親族や故人の特別に親しい友人などを中心とした少人数の葬儀のことです。
一般の葬儀とは違い、費用が抑えられたり、少人数なのでゆっくりとお別れ出来るというメリットがあります。
 さて、葬儀を行うには葬儀社を選ばなければなりません。
葬儀社の種類には主に4つあります。
一般葬儀社や病院指定葬儀社、冠婚葬祭互助会、JA・生活協同組合に別れます。
一番割合が多い一般葬儀社について説明します。
一般葬儀社は葬儀を専門としていて、地域に根ざした葬儀社が多いです。
例えば、柏原に根ざした葬儀社であれば、柏原の風習やしきたりに詳しく、頼りになります。
また、規模は小さい家族経営のような企業から、広い地域に渡って経営している企業まで様々です。
どのような規模でも信頼のおける葬儀社に依頼することが大切です。
新規参入の企業も多くなっているので、どのような特徴があるか調べて検討してみるといいでしょう。
 家族葬を希望しているのであれば、柏原で家族葬の経験が豊富な葬儀社を選ぶと良いでしょう。
対応が丁寧で、説明をしっかりしてくれる葬儀社を選べば、故人や親族の希望にあった葬儀が出来るでしょう。

葬儀と偲ぶ会を分けて行う

男性

柏原では、アットホームで小規模な家族葬が人気を集めています。
家族葬といえば、遺族がゆっくりと別れの時を過ごすことができる上、葬儀費用も安く済むというメリットがありますが、他にも良い点はたくさんあります。
例えばお通夜の過ごし方ですが、一般葬の場合は弔問客のために、寿司やオードブルといった豪華な食事を用意しなければいけません。
その点、家族葬では故人の好きだった食事を用意することができます。
また、故人の好物を囲んで、気心の知れた遺族だけで思い出話に花を咲かせることができるのです。
食事の他にも、家族葬には自由葬のようにオリジナルの葬儀ができるという魅力もあります。
通常、お経は祭壇に向かって読みますが、柏原の家族葬では遺族で故人を円形に取り囲み、お坊さんに読経してもらうというスタイルも実現できます。
形式にとらわれずに好きなスタイルで葬儀ができるので、小規模な自由葬を希望する人は、柏原の中でも遺族の希望をよく聞いて、融通をきかせてくれるような葬儀社を選ぶと良いでしょう。
最近は遺言で葬儀について言及する人も多く、会社には葬儀が終わるまで一切連絡しないでほしいといった希望を残す故人もいますが、何処かから聞きつけた同僚が通夜に勝手に弔問にやって来るということも考えられます。
いくら個人の希望とはいえ、社会的な別れも必要となるので、会社には独自に故人を偲ぶ会を行ってほしいなど一言伝えておきましょう。
柏原には、葬儀以外にも偲ぶ会を執り行える葬儀社もあるので、葬儀とは別に偲ぶ会を用意しても良いでしょう。

宿泊できる公営斎場など

線香

高齢化社会になってくると葬儀に参列する方たちもかなりの高齢者が多くなります。
そのため身内だけでひっそりと行う家族葬を選ぶケースが増えているのです。
高齢者が亡くなると、故人の仕事関係などで呼ばれても参列する側の事情というものがあります。
それを慮ってあえて家族葬を選択するのです。
日本全国で同じような事情にありますが、柏原でも同様です。
病気で入院中の高齢者がいる場合は、事前に柏原市内の葬儀社から家族葬を執り行ってくれる業者を選んで相談しておくことが必要です。
いくら家族葬といっても柏原には地域特有のしきたりなどもあるので、それらを事前に把握しておくのです。
インターネットで検索すれば柏原市内および周辺の葬儀社を見つけることができます。
家族葬で心配になるのは会場の問題です。
葬儀社で自社の会場を持っている場合はそれを利用するので安心ですが、その分の使用料が発生します。
一番多いのが自宅でしめやかに執り行うケースです。
しかし家の都合でご遺体を連れて帰れない場合もあります。
そのような時は斎場に安置して、家族もそこに泊まることもできます。
柏原市にもそのような斎場があるかどうか、業者に確認しておきます。
公営斎場の場合は費用も安くなります。
一般のお葬式では会葬者が多くなるため、参列者が集まりやすい会場を探すことになります。
しかし家族葬ではその心配がないので、予算に見合った会場を葬儀社に手配してもらうことができます。

葬儀者へ依頼しよう

男の人

斎場や火葬場は葬儀社が予約をします。斎場から火葬場に移動する事が多いので、火葬場は斎場から近い場所にあります。家族葬では一般葬とは違い、通夜・告別式・火葬・納骨の流れを取らない場合もあり、斎場や葬儀者によっては家族葬を執り行なわない場合もありますので、柏原で葬儀社を選ぶ場合は確認が必要です。

もっと読む

葬儀の準備の流れ

式場

もしもの時に慌てないように、喪主、葬儀社、葬儀スタイルなどは、あらかじめ決めておくと安心です。柏原の病院で家族が亡くなると、病院からの連絡で葬儀社が来ます。正式に契約する前に、家族葬など希望の葬儀スタイルを伝え、見積もりをもらうことが大切です。

もっと読む

突然訪れる葬儀では

蝋燭

柏原で葬儀を考えている人の中で、家族葬を行いたいと思っている人も多いでしょう。家族葬は最近注目されている、親族を中心とした小規模な葬儀です。葬儀社の種類では「一般葬儀社」の割合が多いです。「一般葬儀社」は地域に根ざした企業が多く、風習に詳しいので頼りになります。

もっと読む