親しい仲間内で開ける家族葬の魅力が満載!

葬儀の準備の流れ

葬儀社との打ち合わせ

式場

葬儀社は柏原周辺に沢山あるので、いざとなった時に困らないように一つに決めておくのがおすすめです。
特に家族が長く闘病生活をしている場合、もしものときに備えて覚悟しておくことは、決して悪いことではないです。
むしろ何も準備や覚悟をしないまま亡くなってしまうと、十分に検討しないまま葬儀社を選び、後悔することがあるので注意が必要です。
家族が病院で亡くなると、病院が葬儀社を紹介してくることがあります。
柏原の病院で亡くなったときにも、病院が契約している柏原周辺の葬儀社から連絡が来ることがあります。
まだ葬儀社が決まっていないなら、とりあえず見積もりを取ることが大切です。
見積もりを見て適正価格で希望の葬儀ができそうなら、正式に葬儀社と契約を結びます。
遺族を代表し、葬儀に関する様々なことの最終決定をするのが喪主です。
喪主は、具体的にどこでどんな葬儀をするのか、葬儀社のスタッフと打ち合わせをする必要があります。
まず病院から受け取った死亡診断書と、故人の遺影に使う写真を葬儀社に渡します。
葬儀社は遺族の代わりになって、役場に行って死亡の手続きをしてくれます。
柏原で家族葬をしたい場合は、参列する人数を決めておくことが大切です。
家族葬といっても参列者が10人以下なのか50人以上なのかで、手配する葬祭会館の規模が違ってくるからです。
家族葬の人数がはっきりすれば、それに似合った家族葬ができる葬祭会館を葬儀社が手配してくれます。

葬儀で希望を叶える方法

合掌

人が亡くなるのは突然のことです。
しかし、誰かが亡くなればすぐに葬儀に関するあらゆることを決めなくてはなりません。
深い悲しみの中、葬儀社を決め葬儀のプランを立てることはとても難しいことです。
そこで、生前に「終活」のひとつとして葬儀に関する事前相談をすることが一般的になってきています。
葬儀にも多くの種類や形式がありますが、近年、費用を抑えられて少ない負担で行える家族葬が注目されています。
家族葬を希望する場合、故人にとって身近な人が主体となって動く必要があるため、事前相談の必要性はさらに高くなると言えます。
家族葬に関して事前相談を行うと、宗教、宗派、葬儀場といった基本的な事柄から、会場の設営、葬儀のプランといった細かいことまで、様々なことを事前に決められます。
突然葬儀の準備をするときには時間的にも精神的にも余裕がなく比較検討することが難しいですが、事前に決めておけばそのような心配もなくなります。
何より、音楽の生演奏、思い出を手紙にまとめる、花をたくさん飾るといったように、故人らしさを発揮できる葬儀が可能になることが一番のいいところと言えます。
柏原市で家族葬を行うときにも、事前相談が可能です。
調べてみると、葬儀の事前相談を受けているところは柏原市内にも複数あり、最初は無料で相談できたり、セミナーなど複数で気軽に相談できる機会があったりと、サービスも充実しています。
柏原付近には葬儀場が多くあり、それぞれに色々な特徴があります。
馴染み深い柏原で希望を叶える葬儀がしたいという人は、生前に事前相談を利用するとよいかもしれません。

手順を確認することが大事

葬儀会場

家族がご臨終を迎えた後は自宅か葬儀社が用意した安置所に遺体を搬送します。
その後に喪主が家族や葬儀社と相談して葬儀方法を決めてゆきます。
最近では柏原市でも家族葬で亡くなった方を見送ることが増えてきました。
家族葬は宗派にとらわれず自由な葬儀が行えるほか、葬儀費用の内訳などもわかりやすいことなどが主な人気の要因となっています。
しかし自由度が高いとはいえ家族葬にも基本的なしきたりはあります。
喪主の方は親族を代表して故人を送る役割を果たすことになるので、旅支度や湯灌をはじめ納棺式の方法などは事前に確認しておくようにしましょう。
湯灌とは旅立つ前に現世での汚れを洗い清める儀式です。
この湯灌の儀式は特別な洗浄槽の上で行います。
バスタオルなどをかけて肌が見えないように体を洗い清め、爪切りやひげそりのほか洗髪などを行ったのちに薄化粧を施します。
旅支度とは故人の方が旅立つための支度を整えることです。
左前にあわせた経帷子を着せて手甲や脚絆などを着けます。
手には数珠を握らせて頭には六文銭の入った頭陀袋をかぶせましょう。
納棺前にこれらの支度を親族とともに整えるのが旅支度です。
湯灌と旅支度を終えた後はいよいよ納棺となります。
納棺では親族一同が故人が横たわっているシートを持ち上げ、用意された棺の中に故人をあおむけの状態にして安置します。
遺体のそばには手向けの花を添えてゆき、生前に故人が愛用していたものなどを一緒に棺の中に収めるようにします。
以上の儀式が湯灌・旅支度・納棺とよばれるものです。
柏原の葬儀社では家族葬に際してこれらの儀式を打合せ段階で説明します。
また柏原の葬儀社ではすべての儀式が滞りなく行えるように、葬儀社のスタッフが喪主や親族の方のサポートを行ってくれるので安心です。
葬儀の際に家族葬を検討している方は、手厚いサポートが受けられる柏原の葬儀社で相談してみましょう。

葬儀者へ依頼しよう

男の人

斎場や火葬場は葬儀社が予約をします。斎場から火葬場に移動する事が多いので、火葬場は斎場から近い場所にあります。家族葬では一般葬とは違い、通夜・告別式・火葬・納骨の流れを取らない場合もあり、斎場や葬儀者によっては家族葬を執り行なわない場合もありますので、柏原で葬儀社を選ぶ場合は確認が必要です。

もっと読む

葬儀の準備の流れ

式場

もしもの時に慌てないように、喪主、葬儀社、葬儀スタイルなどは、あらかじめ決めておくと安心です。柏原の病院で家族が亡くなると、病院からの連絡で葬儀社が来ます。正式に契約する前に、家族葬など希望の葬儀スタイルを伝え、見積もりをもらうことが大切です。

もっと読む

突然訪れる葬儀では

蝋燭

柏原で葬儀を考えている人の中で、家族葬を行いたいと思っている人も多いでしょう。家族葬は最近注目されている、親族を中心とした小規模な葬儀です。葬儀社の種類では「一般葬儀社」の割合が多いです。「一般葬儀社」は地域に根ざした企業が多く、風習に詳しいので頼りになります。

もっと読む