親しい仲間内で開ける家族葬の魅力が満載!

葬儀者へ依頼しよう

予約もしてもらえる

男の人

斎場と火葬場、この2つは葬儀において重要な部分ですが、一般的には葬儀社が斎場と火葬場の予約を行います。
特に斎場については故人や喪主の家から比較的近い場所または交通の便がよい場所を選択します。
火葬場は斎場から移動をしますので、斎場と提携をしている火葬場である事が一般的です。
このように斎場と火葬場は一連の流れで見るべきものですが、依頼をした葬儀社が普段からよく使う斎場を利用するのが一般的です。
これは勝手がわかると共に予約等も入れやすい事があげられます。
柏原にも斎場がありますが、柏原の葬儀社が利用するケースが多いです。
ただし家族葬であれば話は別です。
家族葬は身内や親しい友人が集まって故人にお別れをするものですが、家族葬は自宅で行う場合もあります。
その場合は斎場は利用しませんので、火葬場は自宅から近い場所を利用する事になります。
また家族葬の場合、故人が住んでいた場所で行うとは限りません。
故人の子供等が住んでいる地区で行う事もあり、その場合は実施する場所の葬儀社に依頼をする事が一般的です。
また家族葬では一般葬で行う通夜・告別式・火葬・納骨の流れを取らない場合もありますし、また斎場では故人の好きな音楽を流す等、執り行う方法が一般葬とは大きく違います。
そこで柏原市内もそうですが、家族葬を執り行える斎場は限られてきます。
また葬儀社も家族葬に慣れていて知識や経験が豊富な業者を選定する事が重要です。
柏原では家族葬に十分な経験がある業者もいますので、様々な面で相談をする事が重要です。

参列者は親族だけ

花

葬儀会社の規模は様々です。
大手の葬儀会社は、いくつもの葬儀場を所有し、様々な葬儀プランを選択することができます。
個人経営の葬儀会社は、葬儀場の選択肢は少なくても、シンプルで低価格な葬儀プランを選びやすいという特徴があります。
柏原市内の葬儀社によると、近年は「家族葬」のニーズが高まっているようです。
従来の葬儀であれば、知人や友人に加え職場の人など、故人の家族が把握しきれないくらい、多くの人が参列するケースも珍しくありません。
一方、家族葬では、参列者が親族に限られるというのが最大の特徴です。
柏原市には、家族葬専用の会場を設けている葬儀会社がたくさんあります。
家族葬専用の会場では、自宅のようなくつろげる空間で、食事をしながら、故人と最後の時間を過ごすことができます。
故人の家族にとって、葬儀は、様々なことを取り決め、準備をする必要があるので非常に忙しく、心身共に疲れやすいものです。
参列者への挨拶の必要がなければ、心身の負担が軽くなるので、ゆったりとした気持ちで、故人と最後のお別れをすることができます。
大阪府の柏原市は、幹線道路沿いなどに様々な葬儀会社があります。
葬儀会社を調べるときには、インターネットや電話帳を利用しましょう。
柏原市の葬儀会社の中にも、家族葬のプランを提供しているところが多数あります。
また、家族葬に関する情報提供をしているところも多く、家族葬の会場見学会などを通して、家族葬の特徴を知ることができます。

参列のマナー

数珠

近年、葬儀の主流となりつつあるのが今までの一般葬ではなく、家族それぞれの思いで別れを伝えられる家族葬です。
家族葬はその家庭によってどのような葬儀をするか、それぞれ決める必要があります。
つまり柏原に限らず家族葬には決まったルールがありません。
一日葬といい、一日ですべてを終わらせてしまう場合もあれば、一般葬と同じく通夜・告別式・火葬・納骨まで一連の流れを同じように行う場合もあります。
柏原や柏原周辺では家族葬を執り行う葬儀社がありますので、まずは一度相談をしてみる必要があります。
家族葬の大きなポイントは、参列者が限られているという事です。
家族にとっては形式ばったものでなく、お別れするその思いを形にするのがこの家族葬ですので、参列者は家族のみが基本です。
まれに親しい友人を呼ぶ場合もあります。
となるとビジネス上の付き合いである会社関係者や仕事上の付き合いの人は一切参列しません。
また身内でも遠方や繋がりが薄い場合も参列しません。
家族葬は一般の葬儀と違って、呼ぶ人に声をかけますので、声がかからなかった場合は無理やり参列するのも失礼にあたりますし、家族葬であれば遠慮すべきものです。
よって亡くなった事を知った場合で家族葬を執り行うと聞いた場合は、参列せずにお花を贈る事で対応する事が最も良いマナーとなります。
また参列せずとも香典だけというのもマナー違反になりますので、この場合もお花を贈る事がマナーです。
このようなマナーは柏原だけでなく全国的なマナーとなりますので、一度確認しておく事が大切です。

葬儀者へ依頼しよう

男の人

斎場や火葬場は葬儀社が予約をします。斎場から火葬場に移動する事が多いので、火葬場は斎場から近い場所にあります。家族葬では一般葬とは違い、通夜・告別式・火葬・納骨の流れを取らない場合もあり、斎場や葬儀者によっては家族葬を執り行なわない場合もありますので、柏原で葬儀社を選ぶ場合は確認が必要です。

もっと読む

葬儀の準備の流れ

式場

もしもの時に慌てないように、喪主、葬儀社、葬儀スタイルなどは、あらかじめ決めておくと安心です。柏原の病院で家族が亡くなると、病院からの連絡で葬儀社が来ます。正式に契約する前に、家族葬など希望の葬儀スタイルを伝え、見積もりをもらうことが大切です。

もっと読む

突然訪れる葬儀では

蝋燭

柏原で葬儀を考えている人の中で、家族葬を行いたいと思っている人も多いでしょう。家族葬は最近注目されている、親族を中心とした小規模な葬儀です。葬儀社の種類では「一般葬儀社」の割合が多いです。「一般葬儀社」は地域に根ざした企業が多く、風習に詳しいので頼りになります。

もっと読む