小さなお葬式が増える

密葬の文化があった地域

式場

最近は、小さなお葬式を挙げる人が増えています。
一昔前の葬儀では、故人の偉業を称えて盛大なお葬式を執り行うことが多かったのですが、現在ではその風潮も廃れつつあります。
盛大なお葬式は姿を消し、その代わりに家族葬が増えているのです。
そして、大阪府柏原市においても、その風潮が顕著になっています。
柏原市で家族葬が主流になったのは、一つの背景があります。
元々、柏原市では密葬が多く行われていました。
密葬とは、親族だけで執り行うお葬式です。
家族以外の弔問客はなく、家族葬と同じような形となります。
しかしながら、密葬を行うということは、その何日か後に本葬を行う必要があるのです。
家族葬においては、本葬は行わず、1回のみのお葬式となります。
柏原市では、密葬の形を取ることが多かったので、家族葬を取り入れる家庭が増えたと想定されます。
本葬が必要ない家族葬では、葬儀の段取りの必要はありません。
手軽にできるお葬式として、多くの人に受け入れられています。
ただ、本葬のないお葬式を不謹慎なものとして捉える人も大勢います。
そのような人々に対しては、家族葬の意志を的確に伝えておくことが重要です。
家族葬の形を取るお葬式は、主に故人の遺言によることが多いのです。
周囲にこの点をはっきり伝えることが大切です。
故人の意志であれば、それは最優先させるべき事柄です。
最近は、社会的地位のある人でも家族葬を希望することが多くなってきました。
今後は、もっとこの形式のお葬式が増えると考えられています。
柏原市では、大手の葬儀社が一般葬の他に家族葬を扱っている場合が多いですが、中には家族葬専門の業者もいます。
家族葬を希望するからは、地元のより家族葬に詳しい業者に依頼しましょう。
家族葬に特化した業者であれば、周囲の人への周知方法など、適切なアドバイスが期待できます。

通夜がない葬儀もある

数珠

近年、柏原でも増えているのが家族葬という形です。
家族葬とは一般の参列者を呼ばず、家族と近しい親族に限って行う葬儀のことです。
故人とゆっくりお別れができ、遺族と親族という近しい間柄の人たちでゆっくりと気持ちを共有することができます。
費用が低価格であることも多く、大きな魅力となっています。
柏原の葬儀社でもたいていのところで家族葬プランが登場してきています。
家族葬は小規模、低価格な葬儀という特徴がありますが、だからといって流れを簡略化しているわけではありません。
家族葬であっても基本的に通夜は行うものとされています。
通夜と葬儀、告別式であげる読経は似ていても違うものというのがお寺側の認識です。
菩提寺があっても、通夜を省略すると納骨を断られることがあるので、基本的に通夜は行うことが多いです。
柏原でも通夜を行うのが一般的です。
通夜を省略したものは一日葬という名前で呼ばれ、そのようなプランがある業者も柏原にはあります。
あらかじめ通夜を省略することになっているプランであり、家族葬に近い形で行われることも多いです。
その場合、お寺との話がつけば通夜は省略されることもあります。
また、付き合いのある人の葬儀が家族葬ということがわかった場合でも、遺族から参列を呼びかけられない限りは参列は避けましょう。
そもそも会場も教えないことが大半ですが、仮に遺族が間違って会場を教えたとしても、呼ばれなければ行かない方が賢明です。

マナーを心得る

レディ

結婚式と異なり、お葬式はしめやかな別れの儀式です。
なかには多くの参列者を招く一般葬ではなく、家族葬で内々に葬儀を執り行いと考える方々もおられるのです。
柏原で家族葬のお知らせが来た場合、自分が招待されているかどうかを確認します。
もしも弔問のお客さんを辞退している場合は無理に足を運ばないようにしましょう。
自宅で家族葬を行っている方々もおられますので、受付スタッフを用意していない可能性があります。
柏原で弔問のために足を運ぶ際は念のため香典を用意します。
家族葬では香典を辞退する遺族が多いですが、通知にそうした文面がない場合は持って行くようにしましょう。
香典は不祝儀袋に入れて袱紗に包んでおきます。
遺族のご自宅で家族葬を行っている際は、駐車場の有無を事前に確認しておくと良いでしょう。
周りにあるパーキングエリアを調べておいた方が当日に焦りません。
柏原で家族葬の弔問に伺う際は、喪服を着用します。
ご自宅に上がる際は足下が見えますので、靴下やストッキングに気をつけて行きましょう。
露出を避けて光沢があるものを身につけないのは一般葬と変わりません。
柏原でこうした弔問に伺う際に考えたいのが帰宅時間の問題です。
家族葬を行う遺族の中には会食を用意しているケースがありますので、その場合は後々予定を入れずに伺いましょう。
しかし会食がないようであればできるだけ速やかに帰宅するのがマナーです。
家族葬を選択する遺族は十分に故人と過ごす時間を作りたいものです。

葬儀者へ依頼しよう

男の人

斎場や火葬場は葬儀社が予約をします。斎場から火葬場に移動する事が多いので、火葬場は斎場から近い場所にあります。家族葬では一般葬とは違い、通夜・告別式・火葬・納骨の流れを取らない場合もあり、斎場や葬儀者によっては家族葬を執り行なわない場合もありますので、柏原で葬儀社を選ぶ場合は確認が必要です。

もっと読む

葬儀の準備の流れ

式場

もしもの時に慌てないように、喪主、葬儀社、葬儀スタイルなどは、あらかじめ決めておくと安心です。柏原の病院で家族が亡くなると、病院からの連絡で葬儀社が来ます。正式に契約する前に、家族葬など希望の葬儀スタイルを伝え、見積もりをもらうことが大切です。

もっと読む

突然訪れる葬儀では

蝋燭

柏原で葬儀を考えている人の中で、家族葬を行いたいと思っている人も多いでしょう。家族葬は最近注目されている、親族を中心とした小規模な葬儀です。葬儀社の種類では「一般葬儀社」の割合が多いです。「一般葬儀社」は地域に根ざした企業が多く、風習に詳しいので頼りになります。

もっと読む